トピックス

ZEH-M 普及に向けた取り組みについて

2020/12/1

当社は1999年4月の創業以来、人々の心・暮らし・都市・環境を豊かにする空間の創造を目指し、分譲マンションや賃貸マンションを企画・開発してまいりました。この度、経済産業省よりZEHに係わる2030年の政策目標において集合住宅が位置付けられたことを受け、当社でもZEH-M(ゼッチ・マンション)の普及実現に向け、環境配慮型のマンション開発にも段階的に取り組んでまいります。

「ZEH」とは
ZEH(ゼッチ)とは【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス】の略で、「外皮の断熱性能等を大幅に向 上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」を指します。

「ZEH-M(ゼッチ・マンション)」とは
経済産業省資源エネルギー庁により2018年5月に公表された「集合住宅におけるZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」において、住棟単位、住戸単位それぞれについて定量的に、『ZEH-M』、Nearly-ZEH-M、ZEH-M Ready、ZEM-M Orientedと定義されています。

※参照:経済産業省 資源エネルギー庁ホームページ
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/