空を眺める本棚。

「本の居場所」を探していました。

ここに引っ越す前は実家で両親と暮らしていました。それが、通訳という仕事柄、求められる知識をインプットしているうちに、本であふれ返ってしまいました。清澄白河や水天宮でも物件を探しました。でも、どこも世帯数が多かったり、にぎやかすぎたり、駅前に本屋さんがなかったり。落ち着いた場所を求める私の性格にどこかフィットしなかったんですね。消費税が5%から8%にあがるまでに見つかればいいかな、ぐらいの気持ちで探していました。そんなある日、この物件と出会いました。錦糸町駅から15分と、ほどよい距離。住宅街で、静かな環境。午前中に都心へ仕事に出かけ、午後にはまたここでお仕事をして、夕方からまた都心へ出かける。そんなフットワークの良さもある。

また、アスコットの他の物件も外から見せて頂いたのですが、すべてまったくちがう顔つきでした。いくつか見てまわった会社さんの建物は、それぞれのブランドらしさを感じたのですが、いい意味でアスコットには「アスコットっぽさ」がない。一棟一棟が個性的なのが、逆に魅力的に見えましたね。キッチンや水まわり、セキュリティなどの基本仕様の品質を見ても、とても安心できました。さいごに私の背中を押したのは、モデルルームで展示されていた水耕栽培の棚。とても素敵で、自分の部屋でもできると聞いて、それで、新しい暮らしへのワクワクが高まって。ポンとハンコを押しました。

CUSTOMER VOICE: HOME
PCC009:未来のために 今日の幸せをがまんすること、やめました。
PCC008:空を眺める本棚。
PCC007:室内で、ゴルフスイングができる家。
PCC006:妻をつれてきた家。
PCC005:家が、私を変えていく。
PCC004:ダークな床に、ボロボロのラグ。
PCC003:ここに「縁側」をつくろう。
PCC002:東京の、パリに住む。
PCC001:「今半」の似合う、ふたりになろう。
  • 分譲マンション会員募集中
  • ASCOT GALLERY