品質管理体制

全分譲マンションに住宅性能評価書(設計・建設)を取得し、工事の進捗状況などはオープンに開示。「お客様の声」に誠実に、さらなるクオリティーの向上に努め続けています。

設計・施工時品質管理体制

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の「住宅性能表示」に従い設計事務所および当社一級建築士等が、「住宅性能表示」の項目に渡り、クオリティーに不備がないか確認。供給する分譲マンションにおいて、アスコット独自のクオリティーステップス[Quality Steps]で安心と防犯に関してチェックすると共に、国土交通大臣指定の「住宅性能評価機関」による「設計住宅性能評価書」「建設住宅性能評価書」の取得を自ら義務づけています。

1

Quality Management System 1

施工段階の工事状況を、オープン開示

施工段階においても、品質管理スタッフ(一級建築施工管理技士、一級・二級建築士等)による厳しいチェックを実施。ご自宅にも資料を郵送するなど、オープンな情報提供をしています。

2

Quality Management System 2

クオリティーステップス

安全と防犯について、独自の「クオリティーステップス」で厳しいセルフチェック。「住宅性能表示制度が定める基準」では義務づけられない部分まで、自社基準で高い品質を均一に提供する体制を整えています。

3

Quality Management System 3

数値では測れない
ニュアンスも、物件に

販売中~入居時等、住宅購入の各段階できめ細かなアンケートを実施し、即座に会議で共有。リアルタイムに進行中の案件へと活かしています。また、入居者座談会など、住む人の声をダイレクトに受け止め、品質の向上に努めています。